suggest.js

サンプル5:補完候補を切り替えるサンプル

セレクトボックスで補完候補を切り替える場合のサンプルです。

suggest.jsの説明は、「suggest.js - 入力補完ライブラリ」を参照ください。

Sponsored Link


サンプル

下記に入力してみてください。(pやjなど)

セレクトボックスを切り替える事により、補完候補のリストも切り替わります。


サンプルの内容

// 補完候補の配列作成
var list = [
            [ 'Java', 'JavaScript', 'Perl', 'Ruby', 'PHP', 'Python', 'C', 'C++', '.NET'],
            [ 'MySQL', 'Oracle', 'PostgreSQL', 'SQLite']
           ];

var start = function(){
              var suggest = new Suggest.LocalMulti("text", "suggest", list[document.getElementById('select').selectedIndex], {dispAllKey: true});
              var select = document.getElementById('select')
              var change = function(){
                suggest.candidateList = list[select.selectedIndex];
              };
              select.addEventListener ?
                select.addEventListener('change', change, false) :
                select.attachEvent('onchange', change);
            };
window.addEventListener ?
  window.addEventListener('load', start, false) :
  window.attachEvent('onload', start);
  • スペース区切りで複数補完できます。
  • 対象文字列は、セレクトボックスの切り替えで変わります。
    • プログラミング言語:'Java', 'JavaScript', 'Perl', 'Ruby', 'PHP', 'Python', 'C', 'C++', '.NET'
    • データベース:'MySQL', 'Oracle', 'PostgreSQL', 'SQLite'
  • CTRL+↓(OperaではCTRL+ALT+↓)で、補完候補を全表示します。(オプションでdispAllKey:trueを指定)
  • 部分一致、大文字/小文字の区別なしで、補完候補が検索されます。

Sponsored Link